My Precious Life

猫とロカボと筋トレと。たまにスピリチュアル、ヨガや美容について。

まずは自己紹介から

f:id:behappy1028:20170719151202j:plain

皆さま、はじめまして。

神奈川在住、都内百貨店に勤務するアラフォー女性です。

 

生まれは静岡県浜松市

うなぎパイ」や「浜松餃子」「三ケ日みかん」などが有名です。

ちなみに、浜松出身の有名人といえば女優の鈴木〇羽さんですが、彼女とは中学3年の時、同じクラスだったんですよ。

当時から、絵画やダンスが得意で、一般庶民の私とは少し違う感性だったのを覚えています。

彼女がこんなに有名になるとは思ってもみなかったので、映画「愛の新世界」でデビューした時には、その大胆な裸体に度肝を抜かれました(笑)。

 

さて、18歳まで「遠州の空っ風」とチャリで真っ向勝負しながら多感な時期を過ごした私は、進学と同時に上京しました。

 

憧れの東京、憧れの渋谷。そう、あの当時は「渋カジ」全盛期でした。

 

大都会での初めての一人暮らしは、今思えばとても大変でした。

とにかくお金がいくらあっても足りないほど、物欲が刺激される毎日(笑)。

でも、基本的に小心者で怖がりの私は、ダークでundergroundな世界に足を踏み入れることなく、29歳で3つ年上の商社マンと結婚しました。

 

結婚生活はそれなりに楽しいものでしたが、残念ながら子供に恵まれず、それがジワジワとお互いの心を蝕んでいき、7年で終止符を打つことになりました。

結婚するより離婚するほうが大変とはよく聞きますが、ハイ、それは本当です。

36歳で初めて「心労」という言葉の意味が理解できました。

 

当時、152センチで50キロあった体重が、離婚のすったもんだで36キロまで落ち込んでしまったほどです。

離婚ダイエット、あれは効きますよ~。とにかく食べられません!

 

ただし、リバウンド必至です!

心身ともに立ち直った私は、すっかり元通りのぽっちゃり体型に・・・イヤ、むしろ、さらに丸くなった気が(笑)。でも、いいんです!

不健康に痩せても、ちっともキレイじゃないことがわかりましたから。

 

離婚して一人になった私は、何とか自分一人でも生きていけるようにと、化粧品販売員(いわゆる美容部員、BAというやつですね)として働き始めました。

36歳の時です。

 

正直言って、36歳でBAデビューは遅すぎだよな・・・と思います。

美容学校を卒業したわけでもなく、化粧品に限らず物販の販売もしたことのない私が、ただ「コスメが好きだから♪」という理由だけで飛び込んだ世界。

新人研修では、自分より一回り以上も年下の女性たちが「同期」です。

 

 

でも、今思えば、彼女たちの優しいこと優しいこと。

思い出すと涙が出ます。

 

 

「女ばかりの美容業界は人間関係がドロドロ」なんて話、聞いたことがあると思いますが、実際は全然そんなことないですよ!

女というのは、苦労している女には寛容になれる生き物なんです、きっと。

私にとっては嬉しい誤算というか、とにかく、だからこそ今日までBAでいられ、これからもBAでいられるんだろうな、と思うのです。

 

長くなってしまったので、自己紹介パート2に続きます。